logo
Business Hours: 平日9:30~17:30

経営者の1番の良き相談相手となれるようなパートナーでありたい

私たちは経営者の皆様がベストな経営判断ができるよう、
会計・税務を基盤とした様々なご提案を積極的にしております。
私たちと一緒に明るい未来を創っていきましょう。

Design Our Bright Future!

About Us

増渕裕太郎

私たちの事務所

この度は、当事務所のホームページを訪れてくださり、誠にありがとうございます。
代表の増渕裕太郎(ますぶち ゆうたろう)と申します。
皆様の「1番の良き相談相手」となれるよう、お客様の目線に立って皆様の事業を全力でサポートさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

About Our Office

Service

経営支援

売上がなかなか伸びない。売上は出ているが利益があまり出ない。黒字なのに資金繰りが厳しい。
このようなお悩みをお持ちの経営者の皆様、その他、経営に関して不安を抱えている方がいらっしゃいましたら、サポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください。
創業融資等の融資サポートも行っております。

経営支援 »

会計支援

日々の経理業務、決算業務に時間がかかる。どのように起票・記帳したらいいかわからない。日々の業務のミスが多い。
このようなお悩みをお持ちのお客様がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。
私はこのようなお持ちのお客様に対して、会社の仕組みを改善する業務や、会計処理をアドバイスする業務を多数実施してきております。皆様の置かれている状況に合わせて、適切にアドバイスいたします。

会計支援 »

会計監査

法人形態に応じて、法律で一定の条件を満たした法人には会計監査を受けることが義務付けられています。
私は監査法人に入所してから、上場企業の他にも医療法人、社会福祉法人、学校法人、独立行政法人等の非営利法人の経験も豊富ですので、様々な法人に対して業務を実施することが可能です。

会計監査 »

税務

申告書を作成してほしい、節税対策を行ってほしい、事前に相続対策をしたい、もしくは既に相続が発生して困っている。暗号資産(仮想通貨)に投資をしているものの暗号資産(仮想通貨)の損益計算の実施方法がわからない。最新の税制がわからない。
税務は会計と違い、毎年改正が行われるため、非常にわかりづらくなっているところも事実です。
そのため、当事務所では豊富な経験と実績をもとに、お客様のご要望に応じて柔軟に対処いたします。
税務顧問、相続税(贈与税)対策、暗号資産(仮想通貨)の損益計算や確定申告等について、ご相談されたいことがありましたら、お気軽にご相談ください。

税務 »

合意された手続(AUP)

「合意された手続」という言葉をお聞きになったことはあるでしょうか。
合意された手続とは、お客様と公認会計士の間で、事前に確認する具体的な手続について合意したうえで、公認会計士がこの合意された手続を実施して、この実施結果をお客様に報告する業務をいいます。
「合意された手続」は英語の”Agreed Upon Procedures”の頭文字をとって、”AUP”と略されることがあります。
当事務所は、合意された手続の実施経験も豊富です。ご確認されたい手続内容など、お気軽にご相談ください。

合意された手続(AUP) »

News

NFTに関する税務上の取扱いについて(FAQ)

2023年01月16日

令和5年1月13日に国税庁のホームページにて「NFTに関する税務上の取扱いについて(FAQ)」が公表されました。 これまでは、NFTの取扱いについては、タックスアンサーNo.1525-2「NFTやFTを用いた取引を行った … Read More

「暗号資産に関する税務上の取扱いについて(FAQ)」の改訂について

2022年12月27日

令和4年12月22日付で、国税庁より「暗号資産に関する税務上の取扱いについて(FAQ)」が改訂されました。virtual_currency_faq_03.pdf (nta.go.jp)この中で、最も議論を呼びそうな「2- … Read More

圧縮記帳を適用した場合の償却資産税について

2022年12月12日

国や地方公共団体から交付された補助金を固定資産の取得等に充てた場合には、国庫補助金等の圧縮記帳制度( 法法42 )の適用対象となります。 しかし、償却資産税については、圧縮記帳前の金額で申告することが必要となります。 償 … Read More

法人版事業承継税制の「特例承継計画」の提出期限

2022年12月5日

特例承継計画の提出期限は、令和4年度税制改正で1年延長され、令和6年3月31日までとなっています。 特例承継計画の前提となる「法人版事業承継税制の特例」とは、以下のようなものです。 ・贈与税の納税猶予を受けると、後継者が … Read More

タクシー業界におけるインボイス対応について

2022年11月9日

タクシー業界について、法人のタクシー会社で構成する「(一社)全国ハイヤー・タクシー連合会」によれば、タクシー会社は売上規模的に現在も課税事業者になっていることがほとんどのようです。 そのため、多くのタクシー会社ではインボ … Read More

改正不動産登記法と相続人申告登記制度

2022年10月24日

所有者不明の土地の解消に向けて、2021年4月に民法や不動産登記法が改正されました。 改正不動産登記法により、2024年4月1日以後、相続人の登記申請が義務化され、過去の相続も対象となります。 改正後は、相続により不動産 … Read More

インボイス制度に対応するための補助金

2022年10月18日

インボイス制度の開始も見据えて設備やソフトの導入を検討している事業者の方もいらっしゃるかと思いますが、インボイス制度の開始も見据えた中小企業庁の補助金について、触れたいと思います。 主に以下の2つの補助金が該当するかと思 … Read More

占用許可基準緩和によるテラス営業支援事業

2022年10月17日

道路占用許可基準の緩和措置等を活用してテラス営業等を行う際に使うイスやテーブル等を新たに調達する経費の一部が助成されます。 申請対象所は、次の要件を満たす都内中小企業者(個人事業者含む)、一般社団法人、一般財団法人、特定 … Read More

暗号資産の会計処理に関するポジションペーパー作成支援

2022年09月28日

暗号資産を事業展開している企業向けに、暗号資産の会計処理に関して、ポジションペーパー作成支援を行うこととなりました。 具体的には、私も監査法人出身の公認会計士としてメンバーに参加している株式会社Crypto.T.Chai … Read More

優良帳簿とシステム改修費

2022年08月30日

改正電子帳簿等保存制度により、電子データの保存対象となる帳簿が「優良帳簿」と「優良以外の帳簿」に分けられることとなりました。この「優良帳簿」に該当することを目的に支出したシステム改修費は、原則として「資本的支出」に該当し … Read More